韓国ドラマ「愛の温度」、8話ではジョンソンがヒョンスをお姫様だっこをして、ドキドキしちゃいました。この後どうなるんでしょうか?

「愛の温度」第9話のあらすじとネタバレ、感想やトキメキポイントを紹介します!

 

 

Sponsored Link

愛の温度のキャスト

 

 

オン・ジョンソン:ヤン・セジョン

フランス修行から帰ってきたイケメンシェフ!ヒョンスを一途に想っている。

イ・ヒョンス:ソ・ヒョンジン

脚本家になるために、大企業を退職。ジョンソンに惹かれるが6歳の年の差から自分の気持に素直になれない

パク・ジョンウ:キム・ジェウク

制作会社の代表、ジョンソンを弟のようにかわいがっている。

チ・ホンア:チョ・ボア

ヒョンスの親友

 

「愛の温度」9話のあらすじネタバレ!

ヒョンスの手を握るジョンソン!

ヒョンスを軽々とお姫様抱っこしてソファへ そっと下ろします。

 

「美味しいものを作る」と冷蔵庫を開けるジョンソンですが食材はあまり入っていません。

ありあわせのキムチやウインナーを炒めてで手際よく料理を作るジョンソン。

 「すごいわ! 残り物でこれを」と 元気になるヒョンス。

残り物の料理とはいえ盛り付けもにも拘るジョンソン。

 

「話してみろ。聞いてやる」 と急に大人っぽくて男っぽいジョンソン。

経営者になって、一段と大人になったのかもしれません。

ヒョンスは

①脚本家を増やす

②俳優は撮影拒否

③ マスコミや視聴者は私に降りろと!

現状を箇条書きで伝えます。

ジョンソン「悲しくて辛いくて泣きたいなら泣け」

自然に涙が流れるヒョンス。

 

その時、玄関のチャイムがピンポーン !

ドアを開けるとそこには・・・ ジョンソンにすっぽかされたホンアが!

迎え入れるヒョンス。

ジョンソンに「座れと」言われて 「座れなんてここの主なの 」とトゲトゲしく怒るホンア。

感じが悪いです^^;

一緒に食事をしますが、ジョンソンとヒョンスの中の良い様子をみて、帰ってしまうホンア。

 

一方、ジョンウは撮影拒否する俳優ハリムのところへ。

「先輩 撮影しないと 」とジョンウが言うと・・・

ハリムはいきなりジョンウをビンタ!

「 先輩について調べました。飲酒運転で事故を起こしましたね。 被害者は忘れませんよ」 とハリムを脅すジョンウ。

(日本と一緒で韓国でも飲酒運転は厳罰化されているので、表沙汰になると俳優でもアウトでしょう)

しぶしぶ撮影所行きのタクシーに乗せられるハリム。

 

ジョンウはヒョンスの家の前から電話を掛けて、俳優が撮影に復帰したことを伝えます。

ヒョンス「良かったです。おやすみなさい」

えーっ?!それだけ?

ジョンウは体を張って解決してくれたのに、知らないとはいえヒョンス、もうちょっと言いようがあるのでは?!

 

歩いて 立ち去るジョンウ。

その後方ではヒョンス宅から出てきたジョンソン。

ジョンソンはジョンウとは別方向に歩いて行きます。

鉢合わせにならなくて良かった(;^ω^)

 

ジョンソンがグッドスープに着くと店の前で腕組みしているホンアが待ち構えてる!

ホンアずっと待ってたのか?!

ホンア「 急用って 、ヒョンスさん?」

ジョンソン「約束を破った件は謝った 。人生には順序がある

ホンア「どうして私が後回しなの !」

ジョンソン「彼女には勝てない。(ホンアに) 誤解させたことはないはず。友達としてなら仲良くできる 」

ホンア「今のことを後悔させるわ」

ホンア・・美人でお金持ちで今まで後回しにされた経験もないのでしょう。

 

後日、ヒョンスの事務所に荷物を取りに来たホンア。

「もうアシスタントはできない」と辞める模様。

ギョンに「 ヒョンスはクビになるから、一緒にやめよう。 ヒョンスより給料をあげるから」と引き抜きを仕掛けるホンア。

でも、きっぱり断るギョン。

ギョンいい子だ!

 

ホンアと2人で話すヒョンス。

ヒョンス「 原因の一つはジョンソン? 私への(ホンアの)態度、彼が好きならわかるわ」

ホンア「私の負け!何もかも負け!でも、今後は違うわ」

 

グッドスープ店内では取材を受けるジョンソン!

店の中ではハチマキの子が皆にいじられて、笑って和やかな雰囲気。

突然、「ふざけるな!」と大声を出すウォンジュン←ちっとも怖くありません(笑)

ハチマキの子が失敗して、ジョンソンが優しく手順を教えてあげます。

「厨房はみんな楽しく働く所、誰もが尊重されるべき」とジョンソン。

グッドスープはいい職場です!

 

ヒョンスは「反則刑事」の9話の脚本を書き、監督や代表にメールで送っていました。

採用されないことはわかっていましたが、交代した脚本家が書きやすいようにと配慮してのこと。

でも、あのミン監督は読んでいなくて、落ち込むヒョンス。

 

そんなヒョンスを心配したギョンは「美味しいお店」を予約してくれます。

美味しいお店はもちろん「グッドスープ」

気が利くねギョン!でも、お支払いはヒョンスだそうですw

 

グッドスープで食事するヒョンスとギョン。

席にジョンソンが現れると、気を利かして先に帰るギョン。

 

奥でコーヒーを淹れながら「今日の分を聞いてやる」とジョンソン。

ホンアとジョンソンを奪い合っているようで辛いと気持ちを話すヒョンス。

ジョンソンは「心をかき乱されたくない。現実に負けて僕を拒むヒョンスさんとどう付き合えというのか。

一度拒んだ女また拒むかも。現実は怖い」と不安な心情を吐き出します。

ジョンソンの手を握り「軽率だった、ちゃんと考える」とヒョンス。

 

テレビ番組「マイソウルフード」でたちまち人気者になったジョンソン。

ネットの急上昇ワード 

第1位 オン・ジョンソン

第2位 オンシェフ

「イケメンすぎる」「お店はどこ?いってみたい」などネットでも話題になっていますw

お店は繁盛間違いなし!赤字脱出ですね。

 

ジョンソンがうまくいくと、うまくいかないのがヒョンス。

脚本家としてクレジットに名前は出てくるものの、実際書いているのはゴースト作家。

真っ直ぐな性格のヒョンスには耐えられないでしょう。

 

ジョンソン宅にはジョンウが訪ねてきています。

プロポーズをしたいので店でやりたいとジョンウ。

素敵に演出するよとジョンソン。

えーーー大丈夫なの?!

 

Sponsored Link

「愛の温度」9話の感想

グッドスープの奥でヒョンスとジョンソンがコーヒーを飲みながら話すところがありますが、

「ホンアに聞いた、あなたのこと。意思がつよくて揺るがない。羨ましい」とヒョンス。

ジョンソンは「転んでも助けてくれる人はいない」と言います。

 

ヒョンスは仕事がうまくいかなかったら、家族が心配して癒やしてくれるけど、ジョンソンにはそんな家族はいないのです。

自分のことしか考えていない父と母ですから。

 

しっかりしていて何が起きても動じない大人っぽさは、誰にも甘えてこられなかったからなのね。

寂しそうなジョンソンの表情に母性本能がくすぐられちゃいました。

 

9話で気になったこと!

ホンアがどんどん本性を現してきましたね。

ジョンソンは自分の気持をハッキリ言うので、気を持たせることもないのですが、それがまたホンアは頭にくるのかもしれません。

ジョンソンへの愛情が憎しみに変わって、色々邪魔なことしそうで心配になります。

 

ジョンウの会社にも何度も訪れ、自己アピール!

ヒョンスより高い給料で契約してと言うホンア。

ジョンウは「私と働くには、私を信頼するように」といなします。

ホンア、ヒョンスには絶対負けたくないのね。

脚本家として正々堂々とヒョンスと競いあうのはいいけど、ズルいことはして欲しくないな~

 

「愛の温度」9話のトキメキポイント!

ホンアの度重なる売り込みに困惑するジョンウは、ヒョンスに電話して「歩こう」と誘います。

行き先は、あのアスファルトの壁に花が咲いていた場所!

今は花は咲いていません。

 

「数日前、ホンアが作品を持ってきて、今日も来た。作品は面白いけど性格がキツイので契約するのを迷ってる」と話すジョンウ。

「性格が問題?同居するわけじゃないでしょう」と一蹴するヒョンス。

 

ヒョンス「私は気分屋で軽率でしょう」

ジョンウ「お前は恋愛に関して慎重すぎる。心のままに動け、会えない男は忘れろ!」

    「お前の現在は俺だ!」

Σ(゚∀゚ノ)ノキャーかっこよすぎる!!!

こんなセリフ、キム・ジェウクしか言えませんよ!(また言ってるw)

 

ジョンソンに店でプロポーズをしたいと申し出るジョンウ。

ドキドキの展開は10話に続きます!

 

Sponsored Link