韓国でも話題沸騰だったラブロマンスドラマ「愛の温度」

年下の男子のストレートな言動にドキドキ、はがゆくてキュンキュンする純愛ラブストーリーです。

今回は「愛の温度」第1話のあらすじとネタバレ、感想やトキメキポイントを紹介します!

 

Sponsored Link

愛の温度のキャスト!

 

オン・ジョンソン:ヤン・セジョン

フランス修行から帰ってきたイケメンシェフ!ヒョンスを一途に想っている。

イ・ヒョンス:ソ・ヒョンジン

脚本家になるために、大企業を退職。ジョンソンに惹かれるが6歳の年の差から自分の気持に素直になれない

パク・ジョンウ:キム・ジェウク

制作会社の代表、ジョンソンを弟のようにかわいがっている。

チ・ホンア:チョ・ボア

ヒョンスの親友

 

「愛の温度」1話のあらすじネタバレ!

夢だった脚本家になったヒロインのヒョンス

でも、現実は甘くなくて撮影現場の監督はヒョンスの書いた脚本を無視して撮影をします。

撮影中の現場に乗り込みヒョンスは怒りを爆発させます。

現場でヒョンスの味方をするものはいなさそうでしたが、たった一人シェフをつとめていた男性が手をあげてヒョンスを支持。

その男性の姿をみてヒョンスは驚きます。男性はかつての恋人・ジョンソンだったのです。

 

話は5年前にさかのぼります。

ヒョンスは29歳、大企業をやめて脚本家のアシスタントとして働いていました。

 

留置場に入る人の気持を理解するために留置場に入っていたヒョンス。

しかし、先輩脚本家に呼ばれて仕事場に戻る事になります。

先輩脚本家には気に入られているようですが、他のアシスタントからは妬み嫉みを言われ過ごす日々。

 

そんな時、友人であり、脚本家のホンアは行きつけの店のシェフ・ジョンソンをランニング同好会に誘います。

ホンアはジョンソンに気があるようで、この先面倒なことになりそう(笑)

 

店には実業家のジョンウもいてドラマ演出をしている後輩と打ち合わせをしていました。

そして、その後輩が脚本家のヒョンスを推薦します。

 

夜のランニング同好会、ヒョンスも友人のホンアの誘いで参加。

そのとき初めて顔を合わせたヒョンスとジョンソン。

第一印象はあまりよくなさそう?!

ランニングがあまり得意じゃないし、方向音痴だし、空想しがちwなヒョンスは途中でみんなからはぐれて迷子に。

迷子になったヒョンスをジョンソンは何時間もかけて探して見つけます。

 

みんなの所へ戻る途中、雨が降ってきて

雨宿りしている時に、

ジョンソンはヒョンスにいきなり「つきあおう!」と告白。

出会ったばかりで告白されて、ヒョンスは6歳年下の男に甘くみられてると感じて断ります。

 

Sponsored Link

「愛の温度」1話の感想!

1話は登場人物の紹介的な感じで、各人物の性格やおかれている環境が丁寧に描かれていましたね。

映像も綺麗でおしゃれです。

時々、画面がモノクロになる時がありますが、これは心が動いた瞬間(とき)を現しているのではということですが、こういう演出もいいですね!

 

ヒロインのヒョンスは苦手なのにランニングに参加して、迷子になっても頭の中は「仕事」でいっぱい。

まっすぐで周りが見えなくなるタイプかな?

言いたいことをハッキリ言って気が強そうに見えるけど、妹にはやりこめられていて弱いところも持ち合わせていて可愛いです。

ヒョンス役のソ・ヒョンジュンはロマコメクイーンと言われているだけあって、表情がとっても豊かで素敵^^

 

気になったこと2つ

1つはジョンソンの腕のタトゥーと傷?どんな経緯で入れたのか今後明かされていくでしょう。

2つめは途中空港で「オン・ジョンソン」を探してといってた美女です。

ジョンソンのお母さんでしょうか?

お母さん、派手で一癖ありそう!なにか訳ありのようでこれからのストーリーに絡んできそうで気になります。

 

「愛の温度」1話のトキメキポイント!

オン・ジョンソン役のヤン・セジョンがとにかく可愛い!!

 

ヤンセジョンはまだ出演したドラマの本数は少ないのですが、ルックスがよくて演技力もあって若手注目株といわれています。

 

今回、特にキュンキュンしたのは告白シーン。

雨に濡れたヒョンスをみつめるジョンソン。

この時、表情だけで心の動きも繊細に演じています。

そして、ストレートに

「つきあおう」

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

戸惑うヒョンスに

「急な提案に慌てたのはわかる。でも真剣です」といったときの眼差しも初々しくて可愛い。

年下の男の子にこんなストレートな告白されたらときめきますよね~

 

「愛の温度」ハラハラドキドキのストーリー展開ではないですが、ゆったり丁寧に描かれたラブストーリーで、私は好きです。

次回も楽しみです♪

Sponsored Link