ガヨンが毎週月曜日に会っていたのは・・龍山警察署キム署長だとわかりました。

少しずつ回復しているガヨンは”寒い””湿っぽい””07”の謎の言葉を発しました。

シモクは謎の言葉を解明できるでしょうか?

ドラマ「秘密の森」12話のあらすじとネタバレ、感想を紹介します!

Sponsored Link

秘密の森のキャスト

 

ファン・シモク(チョ・スンウ)

西部地検刑事3部 検事
子供の頃に脳手術を受けた影響で、感情を失くして理性だけで行動する冷徹で孤独な検事。

 

ハン・ヨジン(ぺ・ドゥナ)

龍山警察署強力班の刑事

女性刑事が少なくベテラン刑事ばかりの強力班のなかでも実力を認められている。

ポジティブで温かい性格の持ち主。

 

ヨン・ウンス(シン・ヘソン)

西部地検刑事3部 検事
見習い検事、シモクの班に配属されている。

 

ソ・ドンジェ(イ・ジュニョク)

西部地検刑事3部 検事

次長検事イ・チャンジュンの右腕の西部地検の検事。

華やかな外見とは違い、底から這い上がってきた。

 

イ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)

西部地検 次長検事

西部地検の実権を握っていて、検事総長に続くNo.2の存在。

 

「秘密の森」12話のあらすじとネタバレ

ガヨンの「寒い」「湿っぽい」という言葉をヒントにシモクとヨジンはムソンの家の物置を調べることに。

使わない家具が乱雑に置かれ散らかってる物置の中。

物置に龍山警察署のチーム長もきました。

シモクは物置の入り口に下から引き上げたような傷跡を見つけ、車輪付きのカバンにガヨンを入れて運んだのでは?と推察。

ここに1日ガヨンを監禁したのは、上に学生達がいたから。

地下室の方が犯行場所として都合が良さそうだが、地下室で刺すと発見が遅れてガヨンの命が危なくなるから。

上の浴室にガヨンを連れていき、浴室に吊るして刺し、生きているうちに発見させるようにした。

と、シモクとヨジンとチーム長は推察するのでした。

 

チーム長がきたのには理由がありました。

ギョンワンに署員達が自白を強要して暴力をふるったこと、ソ検事とキム刑事がギョンワンの自作自演だと情報を流したことを謝罪にきたのです。

チーム長「君にしたことは警察、一人の人間として恥ずべきことだ。本当にすまない」

チーム長は殴ってないのですが、止められなかったことを土下座して謝罪するチーム長。

 

シモクはイ・チャンジュの妻・ヨンジェに会いに来ています。

病院のガヨンの所にいったのかと問い詰めますが、ヨンジェは相手にしません。

仕方ないので、容疑者として召喚するというと・・・ヨンジェは話しだしました。

ヨンジェ「どういう子か見に行っただけよ」と。

そして、キム署長が(ガヨン)の顔に何か押し当てていたけど怖くなって途中でにげたと話すのでした。

 

シモクは昼食中、テレビではニュースが流れています。

ニュースの内容は・・・”ウクライナのL社が制作した探知レーダーシステムを輸入すると発表、ハンジョとトバンが参加した共同事業を通じて見込まれる収益は大きい”

そこへソ検事から電話が入りました。

イ・チャンジュとイ・ユンボムの”香港からクレーンを大々的に軍に納品をする”という会話を盗聴したと。

実は盗聴の音声は音楽に遮られて全ては聞こえてなかったのです。

でもシモクは盗聴の内容と、先だっての会談、さっきテレビでみたニュースを関連付けて考えます。

なぜ、日本の企業(松山)が関係しているのか?疑問に思うシモク。

 

ヨン検事はガヨンに会いに病院に行きました。

入り口でソ検事に会って一緒に病室へ。

ヨン検事は母親の承諾を得て、見覚えがないかイ・チャンジュの写真を見せます。

ガヨンは後ろにいるソ検事が視界に入り、かつて追跡された時のことを思い出しおびえるのでした。

ヨン検事は写真に反応したかと勘違いしてるようです^^;

 

シモクは賄賂疑惑の通報者が誰なのかを聞きにソンムン日報にきています。

シモクはハンジョに影響を及ぼすとわかっていて報道しましたねと尋ねました。

ソンムン日報のキム・ビョンヒョン社長は意外なことを話し出します。

実はイ・チャンジュの妻ヨンジェは自分の妻になるはずだったと。

彼女を奪われなければ、会社も違っていたとキム社長。

そして、通報者の女子高生の身元を教えるよう要請するシモクに見返りを要求する社長。

シモクはさっきソ検事から連絡のあった、武器輸入の件をリークするのでした。

 

翌朝の新聞には”製造地を偽装した武器、実は日本製”の見出しが踊ります。

テレビではハンジョとトバン、国防がこのことを知っていながら製造会社を偽り共謀したかと疑惑が報じられました。

 

シモクは、女子高生を使って賄賂疑惑を通報した人物は3つのことを知ってる者だと考えます。

①イ・チャンジュとパク・ムソンの関係

②ソンムンとハンジョ間の流れた結婚話

③ソンムン社長の長年の恨みを知っている

 

特任チームでは、今日は外食しましょうと盛り上がっていました。

ところが、本庁からシモクに特任チームを解散するように連絡が入り、外食どころじゃなくなってしまいます。

シモクはすぐに本庁に行き理由を尋ねますが、庁長ははっきりしません。

そこへカン部長が特任の解任を撤回するように懇願に来てくれました。

カン部長のおかげか特任の解任はなんとか免れました。

 

そして、裁判所にイ・チャンジュを呼び出すシモク。

シモクは話します。

この場所はイ・チャンジュを最初に見た場所、国家を相手にした訴訟だった。

検察は政府側につくと誰もが思った裁判で、チャンジュは政府側につかなかった。

その日、イ・チャンジュのような検事になるべきだと目標を定めたと

 

シモク「3年前は父親のように慕った人(ヨン・イルジェ)をハメたんですか?今回は何を恐れて特任を終結に?」

イ・チャンジュ「恐れる?お前を特任におくった理由は邪魔だったからだ」

シモク「邪魔ということは僕の進む道が合ってるんですね」

イ・チャンジュ「それで俺に向けて定め直したと言うためにここに?今度は正式に検事と被告としてここで会うと?」

チャンジュは俺が生きてる限り被告として立つことはないと言い放つのでした。

 

特任チームは解散させられるのか結果待ちでヤキモキしています。

やっとシモクが戻ってきて”解散しません!”と言うと一同はホッとしました。

外食に行こうとしてたチームのメンバーですが、目立つのを避けて、ヨジンの家でホームパーティをすることに。

バーベキューで盛り上がる特任チーム!

そんな時、シモクのスマホにヨン検事から電話が。

丁度、シモクはトイレに行ってたので、ヨジンが電話に出てヨン検事もパーティに誘いました。

 

実はヨン検事はシモクの自宅に溜まった郵便物を届けに行っていました。

チャイムを鳴らしても出ないので玄関先に郵便物を置いて帰ったのですが、エレベーターに乗った時にドアが開いたような気がしたのです。

不審に思ってシモクに電話したんですね。

建物の外で電話したヨン検事ですが、雨も降ってないのに傘をさしている不審な男とすれ違いました。

 

パーティに合流したヨン検事、そしてチャン刑事もやってきました。

みんなで写真を撮ってホント楽しそう、良いメンバーです♪

 

台所でリンゴを切っているヨン検事。

トイレから出てきたユン課長と接触してしまい、肩に飲み物をこぼしてしまいます。

ユン課長は上着を脱いで、濡れたシャツを謝りながら拭くヨン検事。

ワイシャツが濡れて透けて見えるユン課長の右肩にはDT?”07”とも見えるタトゥーが!!

ヨン検事はさっき皆との話でガヨンの事件に関連のある”07”について聞いたばかり。

ユン課長は事件と関係があるのでしょうか?

 

Sponsored Link

「秘密の森」12話の感想

ガヨンの言ってた”寒い””湿っぽい”は拉致されていたムソンの家の地下室ということが判明しましたね。

”07”はまさかのユン課長のタトゥー?

ヨン検事に気づかれてからのユン課長の目つきが鋭くなってきました。

そしてユン課長、検事になる前には特殊部隊にいたという情報もあって、怪しさMAX!

でも、特任チームで一緒に頑張ってきた仲間だしミスリードであって欲しいです(゜o゜)

 

そしてヨン検事が見た、傘をさした男、一体何者でしょうか?

傘は顔を隠すためかもしれませんが、尚目立つのでは?と思います^^;

 

ユン課長役のイ・ギュヒョン演技派です♪

 

「秘密の森」12話で気になったこと!

”気になったこと”ではありませんが、まだ判明していないことを整理したいと思います。

①パク・ムソンの事件の犯人

②キム・ガヨンの事件の犯人

③ソンムン日報に通報した人物

④3年前のヨン・イルジェの賄賂疑惑の全容

⑤ヨン検事が見た傘をさした男の正体←NEW!

 

判明したことは

・パク・ムソンを介してキム・ガヨンを紹介してもらってた→署長

・病院でキム・ガヨンを襲った→署長

 

あと4話、次回は何が判明するでしょうか?

次回も見逃せません!

Sponsored Link