人気実力俳優のチョ・スンウとペ・ドゥナの主演で韓国でも話題になったサスペンスドラマ「秘密の森」

緊迫したストーリー展開で一時も目が離せないドラマ「秘密の森」1話のあらすじとネタバレ、感想を紹介します!

Sponsored Link

秘密の森のキャスト

 

ファン・シモク(チョ・スンウ)

西部地検刑事3部 検事
子供の頃に脳手術を受けた影響で、感情を失くして理性だけで行動する冷徹で孤独な検事。

 

ハン・ヨジン(ぺ・ドゥナ)

龍山警察署強力班の刑事

女性刑事が少なくベテラン刑事ばかりの強力班のなかでも実力を認められている。

ポジティブで温かい性格の持ち主。

 

ヨン・ウンス(シン・ヘソン)

西部地検刑事3部 検事
見習い検事、シモクの班に配属されている。

プライドが高い、名門家の出身。

 

ソ・ドンジェ(イ・ジュニョク)

西部地検刑事3部 検事

次長検事イ・チャンジュンの右腕の西部地検の検事。

華やかな外見とは違い、底から這い上がってきた。

 

イ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)

西部地検 次長検事

西部地検の実権を握っていて、検事総長に続くNo.2の存在。

 

 

「秘密の森」1話のあらすじとネタバレ

幼い頃に、脳の一部が異常に発達したことで手術して、その後遺症によって、感情を失ってしまったシモク。

シモクは現在、西部地検刑事3部 検事として働いています。

 

シモクはサンファ建設のムソン代表に呼ばれて自宅に行きますが・・・到着するとムソン代表は何者かに殺害されていました。

刺し傷は3ヶ所。

来る前に龍山ケーブルテレビの車とすれ違ったことを思い出したシモク。

落ちていたムソンのスマホの発信履歴から、龍山ケーブルテレビに電話して、シモクの家に来た担当者の履歴書を送るように手配します。

 

警察が来たので、入れ替わり車で立ち去るシモクを不審に思って追いかける、龍山警察署強力班の女性刑事・ヨジン。

車を停めて名乗るシモクですが、容疑者の車と容疑者を見つけてヨジンとともに追いかけます。

容疑者はカン・ジンソプ、身柄はヨジンが確保しましたが、ちょっとの隙にシモクに連れて行かれてしまいました。

 

検事の部屋ではシモクによるジンソプの取り調べが始まりました。

容疑を否認するガン・ジンソプですが、靴を脱がせると・・・血痕がベッタリ。

自分が行ったときにはすでに死んでいた。

驚いて出ようとしたらネックレスがあったからつい盗んでしまったとジンソプ。

現場にはどうやって入ったか聞くシモクに「ベルを押したら誰かがあけてくれた」とジンソプ。

ムソンの母は外出中、息子は軍で服務中、本人は亡くなっているのに一体、誰が開けたのか?矛盾します。

ジンソプは借金はあるけど娘が生まれて改心した、殺人はやっていないと訴えますが、移送されてしまいます。

 

イ・チャンジュン西部地検次長検事とソ・ドンジェ検事が会って話しています。

亡くなったパク・ムソンから賄賂を受け取っていた、イ・チャンジュ次長検事。

パク社長がシモクに全部話していたら自分たちが起訴されていいたかもと安堵しますが、不安なので担当検事はシモクの下にいる新人のヨン・ウンス検事に任せることにしました。

ドンジェはウンスの監視を任されたのでした。

 

ムソンの家を再び訪れるシモク、部屋にあったはずのノートパソコンがなくなっているのに気が付きます。

そして、ムソンの家の近くに停めてあるタクシーに搭載してるカメラのデータを手に入れるのでした。

 

シモクが自分の検事室に戻ると、ウンスがムソンの事件の書類を読んでいました。

無断で入室し書類を読んでいたことを謝るウンスに、「(この事件の担当を)出来るか?」と聞くシモク。

任せてください!とウンス。

ウンスは「容疑者が盗んだものは被害者の母のもの、靴下の血痕は被害者のものと一致。包丁には被害者の母の指紋がついていた。殺害現場に後から入り、盗んだだけで殺人目的ではない」自分の見解を話します。

シモクはウンスにさっき手に入れたカメラのデータを見せました。

映像にはジソンプがドアベルを押した時に、二階のカーテンを開けて覗いてる被害者が写っていて、ウンスの見解を覆すものでした。

映像はUSBに移した後、すぐにウンスに渡さずに刑事部へ分析を依頼するシモク。

 

シモクは翌日、USBをウンスに渡しますが、監視しているドンジェにすぐもっていかれてしまいます。

 

2ヶ月後裁判が行われ、盗んだ後、やっていないと訴えるジソンプですが、ウンスはあのUSBを証拠として提出します。

映像から被告人が入る前まで被害者は生きていて、死亡推定時刻より12時間前まで入った人は一人もいなかったと立証されてしまいます。

この映像が決定的証拠となり、ジソンプは懲役22年を求刑。

 

シモクはイ検事次長とムソンの話をしていました。

この事件についてシモクは第三者による単純な強盗殺人だといいます。

イ検事次長「第二の容疑者がいるということか?」

シモクは何者かにパク・ムソンが賄賂の全てを暴露すると脅迫した相手が、第二の容疑者だと示唆します。

イ検事次長はその人物を倒そうとパク社長と手を組んだのか?と。

シモク「腐敗をえぐってもまた腐っていくのを8年間みてきました」

お前も以前と比べてたいしたことないなとイ検事次長。

 

「テレビを壊して前科のある修理屋を呼ぶのは、その人物の手法ではない。真犯人がムソンを殺して賄賂の証拠を消そうと家中荒らしている時に宝石を落とした」とシモク。

「その仮説を打ち消したのはお前だろう。綺麗に解決したな。使えるヤツだ」とイ検事次長。

ヒリヒリするやり取りですね^^;

シモクはジンソプが犯人じゃないことがわかっていたようです。

 

一方、ヨジンはムソンの家の裏手の家に来ています。

その家の飼い犬ハッピーがいなくなったという通報があったから。

ヨジンは壁に血痕がついているのを見つけ、綿棒で採取します。

犯人のものかもしれませんね。

それをヨジンの先輩刑事が鑑識にもっていくといい持っていってくれるのですが・・何だか怪しい!?

 

ある夜、シモクが一人で仕事をしていると物音がします。

ドアの下から手紙が投げ入れられていました。

追いかけるシモクですが、間に合いません。

手紙はジンソプの嘆願書、自分は無罪で検事が証拠を捏造した、自分の死をもって殺害していないことを主張すると。

シモクは急いでカン・ジンソプの身柄を確保するようにと電話をかけます。

果たして間に合うのか?

 

Sponsored Link

「秘密の森」1話の感想!

手術の後遺症で感情がなくなってしまったシモク。

無表情の方が演じるのが難しいと思いますが、さすがチョ・スンウ、演じきっていましたね。

 

イ次長検事とつるんで怪しい雰囲気を醸し出している、シモクの先輩検事ソ・ドンジェを演じているのはイ・ジュニョク。

イケメンで人柄のいいイメージでしたが、なかなかクセのある役を演じているのにも注目しています。

 

上層部の収賄に絡んだ殺人事件の真相を追っていくストーリー。

第一話は実力派俳優の演技と重厚なストーリー展開に引き込まれました。

 

とりあえず、ジンソプには慌てないで落ち着けと言いたい汗

間に合いますように!

 

「秘密の森」1話で気になったこと

ペ・ドゥナが可愛い!

ペ・ドゥナは1979年10月11日生まれですから、撮影当時は37歳でしょうか。

変わらぬ可愛さとスタイルの良さに目が釘付けになりました!

犯人を追いかけるシーンでは、走る走る!

犯人の背中に飛び蹴りも決め、アクションもなんなくこなしていて、年齢を全く感じさせませんね~。

 

ペ・ドゥナ演じる刑事ハン・ヨジンはポジティブで温かい性格、チョ・スンウ演じるシモクとは正反対のキャラクター。

今後、この二人がどう絡んでいくのか、今からとっても楽しみです♪

 

本作は難しいという前評判を見ていたので、気構えて視聴したのですが・・やっぱり難しかった^^;

ちょっと、ぼーっとしてると話についていけなくなって、何度か巻き戻して視聴しました。

 

怪しい登場人物が多すぎで、目が離せない展開!

2話も本気モードで視聴したいと思います(笑)

Sponsored Link