11話の最後ではジョンソンの店「グッドスープ」でお客さんがアレルギーで病院に運ばれるトラブルが発生しました。

お店の今後が心配ですね。

「愛の温度」第12話のあらすじとネタバレ、感想やトキメキポイントを紹介します!

 

Sponsored Link

愛の温度のキャスト!

 

 

オン・ジョンソン:ヤン・セジョン

フランス修行から帰ってきたイケメンシェフ!ヒョンスを一途に想っている。

イ・ヒョンス:ソ・ヒョンジン

脚本家になるために、大企業を退職。ジョンソンに惹かれるが6歳の年の差から自分の気持に素直になれない

パク・ジョンウ:キム・ジェウク

制作会社の代表、ジョンソンを弟のようにかわいがっている。

チ・ホンア:チョ・ボア

ヒョンスの親友

 

「愛の温度」12話のあらすじネタバレ!

グッドスープの店内、スタッフ達は食事中。

アレルギーの件の責任は誰なのか、スタッフは責任のなすりつけあいをしている汗

そこへ現れたジョンソン「厨房の中でのことは自分の責任だ」と。

病院に運ばれたお客さんは落ち着いたとのこと、良かったです♪

 

アレルギーの件はハチマキの子がお皿を移動したことが原因とわかったけど、自分が確認しなかったからと、自分の責任を認めるジョンソン。

「忙しくてもコミュニケーションをとろう!」

ジョンソンの前の職場だったら、失敗した人は責められていじめられ辞めさせられるでしょう。

ジョンソンはいい代表者になりましたね。

 

ジョンソンはアレルギーの件で、テレビ局に次の出演を断ります。

 

ジョンソン宅を訪ねたヒョンスはスポーツシューズをプレゼント!

試し履きすると・・・サイズはピッタリ!!

どうやら、サイズはウォンジュンから聞いたようです^^

「ありがとう。トラブルがあったけど癒やされた」とジョンソン。

 

仲良く話している二人を遮るように、玄関のチャイムがなって・・ジョンソン母登場!

 

目ざとくジョンソンの左右の靴が違うことに気づいて、「プレゼントね」と感の鋭いジョンソン母。

ジョンソンは母にヒョンスを「恋人のイ・ヒョンスさん!」と紹介!

 

母はジョンソンは仕事で忙しいからとヒョンスをお茶に誘います。

ジョンソン母に緊張してガチガチのヒョンス。

母は「息子よりかなり年上に見えるけどいくつ上?」と質問。

「かなりでなく6歳です」とヒョンス

「そんなに離れていないのね」とジョンソン母

電話番号を交換してちょっと近づいたヒョンスとジョンソン母でした。

 

ジョンソン母のヒョンスに対する見方が5年前とは変わってきたようです。

自分が年下の男性(ダニエル)と付き合うようになったからでしょうね。

しかし、若々しくて可愛いヒョンスをジョンソン母は一体何歳だと思ってたのかな?疑問です!

 

テレビ局のキムPDからジョンウに電話が入ります。

「オンシェフが番組に出演しないといってきたが勝手すぎないか!あと一回は出演するように」と。

「確認する」とジョンウ。

 

ジョンウはグッドスープに行きますが、丁度、店から出てきたヒョンスに会います。

「歩こう」とジョンウ。

無言で公園を歩く、スタイル良くて絵になる二人。

ジョンウの頭の中は麗水の橋でみた仲の良いヒョンスとジョンソンの光景が・・・。

 

ヒョンス「代表、お話があります」

ジョンウ「①私的なこと?②公的なこと?」

ヒョンス「①番」

「言うな行くぞ」とヒョンスの話を聞かずに立ち去るジョンウ。

何の話をされるかわかってるから避けたのね(;_;)

 

グッドスープ屋上ではジョンソンとジョンウがテレビ番組を降板した件を話しています。

アレルギーの件が原因かと問うジョンウに

ジョンソン「すべて把握してるとは?」

「すべて把握したよ」とジョンウ、意味深です!

 

後一回だけ、テレビに出演しろというジョンウでしたが、それを拒否するジョンソン。

ジョンウ「俺はオーナーシェフのお前をやめさせることができる」

ジョンソン「僕に最初に感じてくれた気持ちを信じて」

ジョンソンはジョンウをすごく信頼して、甘えていて、きっとお兄さんみたいな存在なんでしょうね。

 

ジョンソンが朝のトレーニングを終えてグッドスープに帰ってきました。

そこへ「朝飯を食わせろ」とジョンウが。

ジョンソンは朝から手のこんだ料理をたくさんつくって、美味しそう♪

料理を食べて美味しそうな顔のジョンウをみて満足そうに微笑むジョンソン!!

 

ジョンウは話し出します。

「知ってるか、事実を知るとピースがうまり、パズルが完成することがある

「ある事件をきっかけに全容があきらかに?」とジョンソン。

 

「そう、もしも好きな女が他の男を好きならあきらめるか?」とジョンソンに問うジョンウ。

「最後まで戦わなきゃ」と言うジョンソン。

ジョンウ「同感だ、なら俺が相手でも戦う?」

ジョンソン「当然だろ」

これは宣戦布告かも?!

 

夜、グッドスープ屋上でお茶を飲むジョンソンとヒョンス。

ジョンソンのタトゥーと腕の傷ができた理由を聞きます。

ジョンソンの気持ちを思い涙を流すヒョンス。

頬をつたう涙にそっとキスするジョンソン。

 

ヒョンス「キスしたい、嫌ならそむけてと」聞いたことのあるセリフを言うヒョンス。

近づく二人、ふざけて体をそむけるジョンソン(笑)

その後、厨房や冷蔵庫で何度もキスする二人。

 

そのころ、グッドスープの駐車場で車を停めるジョンウの姿が。

車の中から、手をつないで歩くヒョンスとジョンソンをみてしまうジョンウ。

寂しそうな表情です(/_;)

 

翌日、グッドスープ厨房ではジョンソンが新メニューを試作中の所にジョンウが訪ねてきます。

「恋人ができた。前にいってたパリに立つ前フラれたけど再開したジョンウさんに紹介したい」と無邪気に話すジョンソン。

「じゃ今週俺がプロポーズする日に呼んでみんなで会おう」と提案するジョンウ。

ジョンソン「そうだねナイスアイディア!」

ジョンソン、それは~ナイスアイディアじゃないし^^;

 

ヤン・セジョンが出演している愛の温度はTSUTAYA TVの無料登録で30日間無料で見放題です!

 

Sponsored Link

「愛の温度」12話の感想!

全てのパズルのピースがはめこまれて、パズルが完成し、過去のジョンソンとヒョンスの言ったことがジョンウの頭の中でつながりましたね。

2人の強い絆を知ってしまってもヒョンスのこと諦められないジョンウが切なすぎます。

 

ジョンウはヒョンスに「前の関係に戻ろう」と、自分が呼び出したら応じるように命じます。

「反則刑事」の件で迷惑をかけ、新しいドラマの制作もすすめてもらっているヒョンスは「わかりました」と快諾。

ヒョンスのなかでは「反則刑事」の放送が終わるまでは従おうと思っているようです。

ジョンウが呼んだら従うことが、この後の波乱を呼びそうですね。

 

12話で気になったこと

1話から気になっていた、ジョンソンの腕の傷とタトゥーの謎が明かされましたね。

 

【腕の傷】

”ケガはシェフの修練の過程で生じる努力の結晶だ”

どうやらシェフの修行中のケガでできた傷のようです。

 

【タトゥーの意味】

タトゥーの文字は「塩」

親の離婚で16歳の時にフランスに渡ったジョンソンですが、辛さや寂しさに潰されないようにと、自分を奮い立たせるために彫ったようです。

塩味があると他の味も引き立って感じるからという意味も。

 

16歳はまだまだ子供、親の離婚で寂しかったんでしょうね。

母親は一緒にいるけど息子に甘えるばかりで、ジョンソンの寂しさをわかってくれなさそうだし!

ジョンソンの心情が、ヤン・セジョンの演技で伝わってきました。

 

「愛の温度」12話のトキメキポイント!

朝、起きたらまっさきに「何してる?」とジョンソンにメールをうつヒョンス。

そのあとも何度も「何してる?」メールを送ります。

 

ジョンソンに会った時に「何してるの別の意味を知ってる?」と尋ねるヒョンス。

「知らない!」と答えるジョンソン。

「会いたい!」っていう意味よとヒョンス。

ヒョンスを抱き寄せるジョンソン!

 

「何してる?」=「会いたい!」だったのですね^^;

で、何回も「何してる?」「何してる?」ってメール送ってたんだね。

 

そして、今回はめちゃめちゃキスシーンが多かったです。

うっとりしちゃったのでまとめました!

 

ヒョンスの頬をつたう涙にキスするジョンソン

 

ジョンソン「キスは今からすればいい!10代20代30代バージョンから選んで」

ヒョンス「全部と冷蔵庫キス」(笑)

この後、厨房で3回連続キス、3回めが30代バージョン?長くて濃厚(*ノェノ)

鍋にぶつかり笑って見つめ合いゆっくり長いキス

調理台にヒョンスを寝かせてキス

冷蔵庫に入って一つのブランケットに包まって・・お互いの頬にキス

そしておでこと唇にキス

 

冷蔵庫から出て寒そうなヒョンスに後ろからブランケットをかけてそのままバックハグするジョンソン。

ジョンソン「愛してる、愛してるんだ」

ヒョンス「知ってる」

そのままキス

ヒョンスの電話が鳴る(多分ジョンウ)けど出ずにキス

 

5年間の空白をうめるかのようにたくさんキスした2人(*´ェ`*)

いずれも綺麗で素敵なキスシーンでした♪

 

次回、ついにプロポーズするジョンウ。

何も知らないジョンソンがすべてを知ってしまいそうですね。

続きが気になります!

 

Sponsored Link