恋人を紹介したいというジョンソンに週末、自分がプロポーズする席に恋人を呼ぶようにというジョンウ。

同じ女性なんですよね・・・。

今回は「愛の温度」第13話のあらすじとネタバレ、感想やトキメキポイントを紹介します!

 

Sponsored Link

愛の温度のキャスト!

 

 

オン・ジョンソン:ヤン・セジョン

フランス修行から帰ってきたイケメンシェフ!ヒョンスを一途に想っている。

イ・ヒョンス:ソ・ヒョンジン

脚本家になるために、大企業を退職。ジョンソンに惹かれるが6歳の年の差から自分の気持に素直になれない

パク・ジョンウ:キム・ジェウク

制作会社の代表、ジョンソンを弟のようにかわいがっている。

チ・ホンア:チョ・ボア

ヒョンスの親友

 

「愛の温度」13話のあらすじネタバレ!

グッドスープにはアレルギーの件で苦情の電話がかかってきて、対応に追われるソムリエのスジョン。

ネットでもあの値段の高さで料理はたいしたことないとか料理まで見かけ倒しだとか、悪評がたちこめています。

ちょっと前まではオンシェフ最高!みたいなノリだったのに、手のひら返しですね^^;

 

ヒョンス宅を久々に訪れたホンア!

デビューが決まったことを報告するホンアに「おめでとう!」とギョン。

ホンアはギョンに洋服をプレゼントします。

「ゆっくりして」と別の部屋に入っていくヒョンス。

「ヒョンスさん、まだ怒ってる?」と追いかけてくるホンア。

 

「ヒョンスさんはジョンソンと付き合う気がないと思ってたし、パク代表と結婚すると思ってた」とホンアは言います。

「気持ちを整理したい」というヒョンスに

「反則刑事の仕事はやらないし、仕事部屋も使わない」とアピールするホンア。

この二人の仲の修復は難しそうです^^;

 

新メニューの試作が一段落したジョンソンはヒョンスに「何してる?(会いたい)」とメールします。

執筆していたけど途中でやめて自転車で会いに行くヒョンス。

グッドスープにつくと、そこには自転車に乗ったジョンソンが。

2人で夜のサイクリング、楽しそう(*´ェ`*)

この時の挿入歌がヒョンスの気持ちにピッタリな歌詞です♪

 

一方、一人会社でお酒を飲んでるジョンウ。

頭の中はヒョンスとジョンソンのことばかり・・・。

酔った勢いか夜の11時すぎですがヒョンスに呼び出しの電話をしてしまいます。

会社に車できて、ジョンウの様子にちょっと心配顔のヒョンス。

 

「脚本は順調か?」と聞くジョンウに「取材はシェフが協力的で助かってます」と答えるヒョンス。

「確認できたから帰れ」とヒョンスに帰るよう促すジョンウ。

帰り際に「代表はいい人だからいい人と出会って欲しい」というヒョンス。

ヒョンス、残酷なこと言うなぁ(/_;)

 

翌日、グッドスープに取材にきたヒョンスとギョンは今まで満席状態だった店内がまばらになっていて驚きます。

アレルギーの件の影響出ています!

 

ジョンソン母に呼び出されてグッドスープ屋上に行くヒョンス。

「息子が15歳の時に離婚して、苦労させた。私を守ってくれたわ」と身の上話をするジョンソン母。

「何かを一緒にしたら仲良くなれるでしょう」とヒョンスをショッピングに誘います。

ヒョンス「なぜ私と仲良しに?」

母「彼氏が年下という共通点があって、息子の恋人だからよ!」

「仕事ばかりしている息子が、あなたのことを話していると幸せそう」だと。

仕事があるのでとショッピングを断ったヒョンスですが、ジョンソン母とちょっとずつ仲良くなってきていますね!

 

ヒョンス宅では一人執筆作業にふけるギョン!

そこへ毎度のジュノがやってきます。

ジュノは「ヒョンスとシェフは付き合ってるのか?代表はどうなる?」と。

「代表はヒョンスさんを好きなの?!」知らなかったギョンはビックリです。

 

そしてお決まりの「ラーメン作って」とギョンに頼むジュノ。

ギョンが自分で作ってというので、作ろうとするけど・・わざと鍋を床におとすジュノ。

結局見ていられなくて、ラーメン作っちゃうギョン(笑)

可愛すぎる(#^.^#)

 

グッドスープの屋上で閉店後ビールを飲む、ジョンソンとジョンウ。

ジョンウは「(店名は)なぜグッドスープ?」とジョンソンに聞きます。

「ネットのハンドルネーム”いいスープ”と名乗ってる。

韓国ではご飯と汁物があれば食事になるだろう。いい料理、だから選んだ」と話すジョンソン。

複雑な表情のジョンウ、買ってきた指輪を「料理と一緒に出してくれ」と差し出します。

 

ジョンウ「ジョンソン、お前が好きだ。でも、人生には優先順位がある。俺は仲たがいする人たちをたくさんみてきた。自分たちが仲たがいしたらどうする?」

「その時に考える。でも僕らは仲たがいしない」とにっこり笑うジョンソン。

「でも、止められない。行きつく所までいく」と思いつめたジョンウ。

ジョンソンは意図がわかっていない様子です。

 

ジョンウの会社では、ジョンウのところに、フリーになったミン監督がやってきます。

実力をかってると、ミン監督をスカウトするジョンウ。

ミン監督もまんざらではなさそうで、契約は進みそう。

ジョンウはミン監督にホンアの脚本を担当させるのかもしれませんね?!

 

とうとう、プロポーズの日になってしまいました。

繊細で素敵なケーキを作ったジョンソンはヒョンスを夕食に誘います。

ジョンウに紹介するぞ!きっと驚くぞ!と思ってるジョンソン。

 

一方、ジョンウも「夕食を食べよう」とヒョンスに呼び出しの電話。

ジョンウの誘いを最初は断ったヒョンスですが、「お前に選択権はない」と言われ、ジョンソンの約束の方をキャンセルしてしまいます。

 

素敵にセッティングされたグッドスープ屋上で座っているジョンウとヒョンス。

ジョンソンはプロポーズの相手が誰なのか楽しみなのでしょう。

笑顔で屋上にやってきました。

ジョンソンが目にしたのは、ジョンウと・・・ヒョンス!

 

ジョンソンの頭の中には以前、ジョンウと交わした会話が浮かんできます。

ジョンウ「もし、好きな女が他の男を好きならあきらめるか?」

ジョンソン「最後まで戦う」

ジョンウ「相手が俺でも?」

ジョンソン「もちろんだ」

 

「俺が一番好きな男(ジョンソン)と俺が一番好きな女(ヒョンス)だ」と紹介するジョンウ。

凍りつく表情のジョンソン(p_-)

 

ヤン・セジョンが出演している愛の温度はTSUTAYA TVの無料登録で30日間無料で見放題です!

 

Sponsored Link

「愛の温度」13話の感想!

何も知らなかったジョンソンも、今までのジョンウの言動の全てがパズルのようにつながりましたよね。

全てを知ったジョンソンが、ジョンウに対してどんな行動をとるのか?

仲たがいしちゃうのか、ドキドキしちゃいます。

 

そして、ヒョンスとギョンの取材の中で、ソムリエのソジュンがウォンジュンが好きなことがわかりましたね。

ソジュンはソムリエの仕事のために給料をワインの試飲に使い果たすくらい勉強熱心で真面目な子。

ウォンジュン、脈なしでワガママなホンアよりソジュンの方がいいんじゃないの(笑)

 

13話で気になったこと

ヒョンスの母は病気?

 

ヒョンスの両親が人間ドック?病院の検査を受けていましたね。

母親はどうやら頭痛が続いているらしく、脳のCTを撮ろうと父親に勧められていました。

 

登場する都度に、体調が悪そうだったヒョンスの母、「更年期障害よ」と笑っていました。

更年期障害ならいいのですが、重い病気じゃないように願っています。

 

ヒョンス母が病気になったら、ヒョンス父がどうなってしまうことか・・心配ですから。

 

「愛の温度」13話のトキメキポイント!

実は今回はときめくシーンが少なかったです^^;

トキメキというよりも、ジョンウの憔悴している様子に胸が締め付けられる思いでした。

 

ジョンウはジョンソンのことも可愛がっていて、大切な弟のような存在。

本来ならヒョンスとの交際を喜んであげる立場だけど、5年間ずっと思い続けてきた一番好きな女性だし譲れないですよね。

キム・ジェウクの心の葛藤の演技が上手すぎて、感情移入しちゃいました(。>﹏<。)

 

次回予告では、「知っていてプロポーズの準備をさせたのか」とジョンソンが怒っていましたね。

続きが気になります!

 

 

Sponsored Link