13話の最後ではジョンウのプロポーズの相手がヒョンスだとジョンソンにわかりましたね。

兄弟のように仲の良いジョンウとジョンソン、愛する女性をめぐって波乱の予感です。

今回は「愛の温度」第13話のあらすじとネタバレ、感想やトキメキポイントを紹介します!

 

Sponsored Link

愛の温度のキャスト!

 

 

オン・ジョンソン:ヤン・セジョン

フランス修行から帰ってきたイケメンシェフ!ヒョンスを一途に想っている。

イ・ヒョンス:ソ・ヒョンジン

脚本家になるために、大企業を退職。ジョンソンに惹かれるが6歳の年の差から自分の気持に素直になれない

パク・ジョンウ:キム・ジェウク

制作会社の代表、ジョンソンを弟のようにかわいがっている。

チ・ホンア:チョ・ボア

ヒョンスの親友

 

「愛の温度」14話のあらすじネタバレ!

ジョンウのプロポーズの場に笑顔で登場するジョンソン。

こちら向きに座っているジョンウが手をあげて、後ろ向きに座っていた女性が振り向く、その女性は・・・ヒョンス。

 

ジョンウは再び「俺の一番好きな男、俺の一番好きな女」と紹介します。

ジョンソンは呆然とするのでした。

 

特別なケーキを運んで来たジョンソン。

ジョンウからは「これだけか、忘れてるだろう」と託した指輪を持ってくるよう催促が。

ちょっと話そうとヒョンスをおいて移動するジョンソンとジョンウ。

1人になったヒョンスは、以前ジョンソンがプロポーズ用のケーキだといって絵を書いていたデザインと同じケーキだと気が付きます。

 

お茶を飲みながら話すジョンソンとジョンウ。

同じ女性のことを思ってきたことを知り「僕の彼女はヒョンスさんだ」と指輪をジョンウに返すジョンソン。

プロポーズのこと彼女は知っていた?と聞くジョンソンに、知らせずに連れてきた!というジョンウ。

「相手の気持も考えずに連れてきたのか」とジョンソン。

ジョンウは「お前がパリにいる間、俺が彼女の側にいた。会えなくても一途に思う姿に惚れた。だから見守ってきた」と。

ジョンソン「僕の彼女がヒョンスさんだと知っていてプロポーズを準備させた?」

そうだと答えるジョンウに、ショックを受けるジョンソンでした。

 

ヒョンスのもとに戻り、先に帰るというジョンウ。

プロポーズしようとここに連れてきたというジョンウに「すみません、再会したこと黙ってて」と謝るヒョンス。

「知ってたよ。信頼をもとに伴侶を選ぶ時もある。絶望の淵にいる時は俺を頼れ」とジョンウ。

 

ヒョンスは思い出していました。

2012年、バッティングするヒョンスとジョンウ。

この頃、脚本家としての仕事が絶好調なヒョンスには契約したいと他の会社からの問い合わせもあるほど。

他の会社に移籍する気はないとヒョンス。

ジョンウのことを「自力で成功するのはスゴイ!勤勉で目標を決めたら諦めない、成功しないはずがない」と褒めちぎるヒョンス。

クールなジョンウの顔が思わずほころびます。

ヒョンスが移籍していたらこんなにこじれなかったのでは?

 

場面は現在に戻ります。

テラスにいるヒョンスを後ろから抱きしめるジョンソン、手を握り合う2人。

新事実を知ったばかりだし、明日話そうということに。

 

翌朝、公園のブランコで話をする2人。

「何があろうと僕らの仲が変わらないことが重要」だとジョンソン。

「代表には申し訳ないと思ってる、でもそれは愛じゃない」とヒョンス。

自分たちの愛を確かめ合うのでした。

 

グッドスープでは買い出しから帰ったジョンソンに「今日の予約は3割です。来週はほとんど空席です」と報告するソムリエのスジョン。

グッドスープ、何かテコ入れしないとヤバそうです。

 

一方、ジョンウからの電話で女優ユ・ヘジョンと会うために会社に行くヒョンス。

人気女優のユ・ヘジョンはヒョンスの脚本を気に入って、会いたいと言ってくれたのです。

ヘジョンのファンだったヒョンスは喜び、ユ・ヘジョン、ジョンウ、ヒョンス3人でなごやかに会談しました。

 

ユ・ヘジョンに会った後、ヒョンスを食事に誘うジョンウ。

ヒョンスははじめ躊躇していましたが、「グッドスープの売上に貢献しよう」と言われ行くことに。

2人の姿を見たジョンソンは顔色が変わります。

 

食後、テラスでジョンウと2人で話し合うジョンソン。

「僕らは愛し合ってる。諦めきれなくても行動に移すな」とジョンウにうったえるジョンソン。

「それは俺が決める」とジョンウ。

ジョンウは、パリで韓国に戻ったら彼女を紹介すると言ってたが紹介しなかったことや自分との約束を破って麗水にいったことなど細かいことをジョンソンにつきつけてきます。

ジョンウ「これが痴情のもつれだ。絶えられるか?」

ジョンソン「何をしても壊れない!離れても愛し合ってた」

ジョンウ「せいぜい愛し合え壊してやろう」

ジョンソン「僕らの友情は・・・」

「今からが始まりさよろしくな」と言い放ち立ち去る苦しそうな表情のジョンウ。

いつも大人の対応のジョンウが、変わってしまった(;´д`)

 

ジョンソンはただただ呆然とするのでした。

 

ヤン・セジョンが出演している愛の温度はTSUTAYA TVの無料登録で30日間無料で見放題です!

 

Sponsored Link

「愛の温度」14話の感想!

14話は話し合いのシーンが多かったですね。

特にジョンソンとジョンウの話し合い、今まで大人の対応をしてきたジョンウが嫉妬心からか、豹変してしまいます。

ジョンソンが悪くないことはわかっているけど、引くに引けないのでしょう。

今まで会社経営者としていろんなトラブルを解決し、欲しいものを手に入れてきたジョンウです。

力を持っているだけに、本気で牙をむくとどうなるかと不安です(・・;

 

そして、実はヒョンスにちょっと共感ができなくなっています。

脚本家として軌道に乗ってきた時に他社からのオファーもあったのに、移籍しなかったヒョンス。

ジョンウと付き合う気がないのなら、ジョンウの会社を辞めるべきじゃないかな。

ジョンウの好意を利用しているように見えてしまいます。

 

演じているソ・ヒョンジンはガッキーに雰囲気が似てて好きなんだけどなぁ^^;

 

14話で気になったこと

カメオ出演したパク・シネです!

ご存知だと思いますが、カメオ出演とは映画やドラマなどに俳優や歌手、原作者など目立った人物がゲスト出演すること。

装飾品のカメオが遠くから見てもハッキリと認識できることから、カメオ出演といわれるようになったそうです。

 

パク・シネがカメオ出演することになったのは、脚本家ハ・ミョンヒのドラマ「ドクターズ」でヒロインを演じたことがご縁です。

パク・シネはハ・ミョンヒ脚本の「愛の温度」にはカメオ出演を約束していて、ハードスケジュールのなか、約束を守ったとのこと。

 

撮影現場ではキム・ジェウクがパク・シネを笑わせたりして、笑いの絶えない楽しい撮影だったそうですよ♪

約束をちゃんと守る義理堅さや、和やかな様子、パク・シネの性格の良さが伺えますね。

 

「愛の温度」14話のトキメキポイント!

ヒョンスとジョンソンがくっついて、後はジョンウとの三角関係の様相になっているので、周りの人達の恋愛に注目しています!

 

【ホンアとウォンジュンとスジュン】

何か作って欲しいと電話をしてきたホンアに、美味しそうなお弁当を渡すウォンジュン。

持ち帰りじゃなくグッドスープで食べたかったとワガママをいうホンア。

店内でお弁当広げて食べればいいじゃないの(笑)

 

そこへソムリエのスジョンが割り込んできて・・・。

「すみません話があります。この人を私にください!スーシェフが好きなんです」

えーっΣ(゚∀゚ノ)ノ

ホンア「他の女を好きな男よ!」

スジョン「かまいません、いらないならください」(笑)

8年間も自分一筋なウォンジュンが心変わりするとは思ってないホンアは「どうぞ」と余裕。

ところが、ウォンジュンは「じゃあな」とお弁当を持って立ち去ってしまいました。

 

厨房でスジョンに「ありがとうウソとわかっててもときめいたよ!」とウォンジュン。

「ウソじゃありません」というスジョンの言葉にウォンジュンはビックリ(*_*)

 

ホンアにずっと尽くしてきたウォンジュンですが、スジョンの告白に色めき立ちましたね。

スジョン、可愛いし性格良さそうだしお似合いだと思います。

どうするホンア?

 

【ギョンとジュノ】

2人の絡みは毎回楽しみ♪

相変わらずのギョンがラーメンを作ってジュノがダラダラしているところへ、ホンアがやってきます。

「2人はいつから交際してるの?」とホンア(笑)

怒るギョンですが、まんざらではなさそうなジュノ。

 

ギョンは怒ってますが、ホンアにもらった可愛いチェックのワンピース着てるんですよね~♪

好きな人の前で可愛くしていたい乙女心でしょうか(*´ェ`*)

この二人はうまくいって欲しいです!

 

次回予告では、ジョンウがますます暴走しそうで苦しい展開が予想されます。

次回も気になります!

 

 

Sponsored Link