平昌オリンピックでメダルが期待される種目、男子スノーボード・ハーフパイプ。今季は特にメダル候補の選手がそろっていて、イケメンで←ここ大事(;´∀`)注目を集めています!
今季ワールドカップにデビューしたばかりで、出場した3大会で表彰台にあがり、話題になった戸塚優斗選手。まだ16歳のあどけない顔に似つかわしくない、すごい技術のギャップに驚きました。
 
戸塚優斗選手のwiki、出身中学や高校、イケメン画像を紹介します。
 
Sponsored Link
 

戸塚優斗(とつかゆうと)のプロフィール

神奈川県横浜市出身
2001年9月27日生まれ16歳
 
身長169㎝
体重64㎏
血液型A型
 

戸塚優斗の出身中学校や通ってる高校は?

横浜市立西谷中学校卒業
 
私立光明学園相模原高等学校1年生
 
仏教の高校で、通称「光明」
偏差値は39~45
制服は男女とも落ち着いた、かっこいい制服と評判です。
 
学校ホームページの「平昌オリンピック戸塚優斗選手壮行会」での制服姿、かっこいいです。
 
そして、なんと光明学園相模原高校からは、卒業生の齋藤慧さん(神奈川大学)も、スピードスケート・ショートトラックの日本代表メンバーに選出されていて、学校の校舎には2人の横断幕が掲げられ、学校あげて応援しているそうです。
オリンピック選手が一人出るだけでもすごいのに、二人も!
戸塚選手、齋藤選手が出場する競技当日は、応援で、授業どころじゃないですよね?!
 

略歴

戸塚優斗選手は2歳の時から母親の影響でスノーボードを始めます。
小学校2年生からはハーフパイプに取り組み、小学校5年生でプロ資格を取得!
2016-2017年には全日本ジュニア優勝
2017年3月の全日本選手権も優勝
2017年9月初出場のワールドカップ・ニュージーランド戦で初優勝
以降、12月の中国戦3位、1月のアメリカ戦で3位、スイスで2位と出場したワールドカップ4大会すべて表彰台にあがり、「ハーフパイプ界の新星」としてド派手なワールドカップデビューをしました!
 
 
戸塚優斗選手の武器は「鍛えた体幹」
戸塚優斗選手は幼い頃、母親に連れられフィギュアスケートのレッスンに連れていかれたのですが、浅田真央選手のブームで満員で受けることができませんでした。
 
そこで、同じリンクでやっていたアイスホッケーに参加。
スケーティングはすぐに上達、アイスホッケーの練習で強靭な体を作り上げていったのでした。
 
戸塚選手の身長は169㎝。高校一年生としては標準ですが、ガタイが良くて、胸板が分厚い。
スポンサーのヨネックスのボード担当は戸塚選手についてこう話しています。
「着地してから(体を沈み込ませて)板をこぐような動作がほとんどないから、落下した力をロスなく次のジャンプにつなげられる」。言うはやすしで、並の選手なら体がすぐにぐらつくはず。板の中心にどしっと体を乗せるバランスと、その軸をぶらさない強固な体幹があってこその芸当だ。
体幹が鍛えられたのもありますが、天性の平衡感覚もあったのでしょう、
 
戸塚選手、フィギュアスケートでも、アイスホッケー続けてやってても活躍していたのでは?
 
Sponsored Link
 

戸塚優斗のイケメン画像

戸塚優斗選手のイケメン画像を集めてみました!
 
 
 
 
イケメンというか・・・可愛いです(^^♪
 
ワールドカップの間にも大きく成長をとげていて、のびしろいっぱいの戸塚優斗選手。
平昌オリンピックでの活躍を楽しみにしています♪
 
 
 男子スノーボードハーフパイプの選手はタイプが違うイケメンぞろいです↓
 
 
 
 
平昌オリンピック注目選手はこちら↓
 
 
 
 
 
 
 
 
Sponsored Link