今、三重県で第27回全国菓子大博覧会が開催されています!

菓匠に作られた工芸菓子が披露されたり、全国のおいしいお菓子が集められて、会場で展示、即売されたりする、博覧会です。

 

そこで、限定品として販売されている「白い赤福」が人気沸騰しているとのこと、

「白い赤福」の買えるところはどこ?

「白い赤福」は買えるの?値段はいくら?

「白い赤福」の味の感想について調査してみました!

Sponsored Link

「白い赤福」が買えるところ、全国菓子大博覧会とは

菓子博

「白い赤福」は全国菓子博覧会、お伊勢さん菓子博2017で食べることができます。

 

全国菓子大博覧会は、ほぼ四年に一回、開催されるお菓子の祭典です。その地域のお菓子屋さんがつくっている菓子工業組合が主催していて、地方自治体もバックアップしている大きなイベントです。

 

現在開催されているのはお伊勢さん菓子博2017

【場所】
三重県営サンアリーナ及びその周辺

【期間】2017年4月21日(金)~5月14日(日)

【開催時間】

10時00分〜18時00分(最終日は17時まで)

【入場料】

大人 2000円 (18歳以上65歳未満 高校生以外)
シニア 1600円 (65歳以上)
中学・高校生 1400円
小学生 800円
小学生未満は無料ですが保護者同伴に限ります

【入場券はここで買える】
イオン(東海・長野・関西エリア)
マックスバリュ(中部エリア)
イオンビッグ(三重県内)

お伊勢さん菓子博覧会のホームぺージ(送料540円がかかります)

 

お菓子博覧会、いってみたいけどゴールデンウィークはそうとう込み合うのではないでしょうか?

いくとしたらゴールデンウィーク終わってからの方がよさそうですね(^-^;

 

白い赤福は買えるの?値段は?

白い赤福

全国菓子博覧会で話題になっている白い赤福が人気です。

 

普通の赤福は今から約310年前に誕生した、こしあんをのせたお餅です。

白い赤福は希少価値の白大豆を使った白あんの赤福餅のことで

お伊勢さん菓子博では通常の赤福と、白い赤福を2個とお茶かコーヒーをセットにしておかげ茶屋祝盆として限定販売しています。

値段は210円(税込)

普通の赤福でもおいしいのに、白もおいしそう(*´ω`*)

しかも、お茶付きで210円って、安い!

白い赤福を食べるには!?

お菓子博覧会の開催当初、「白い赤福」は整理券で食べることができました。ですが、日を追うごとに人気になり、開場20分前に並んでも整理券が貰えなかったり、ゴールデンウィーク中の混雑を考えて、現在は現在、抽選となっています。

 

抽選の方法は希望者ですが、各入場ゲートで希望者全員に1人1枚抽選券が配られます。

抽選券のシールをはがせば、

祝盆の購入券

復刻版の購入券

ハズレ

3種類どれかになっていて、祝盆の当たる確率はおよそ6~10倍、なかなか難関ですね(^-^;

私はくじ運が悪いので、この倍率では当たる気がしません。

 

ちなみに復刻版とは

赤福は現在白砂糖を使っていますが、江戸後期までは黒砂糖を使っていました。この黒砂糖を使った赤福を復刻版としてお伊勢さん博覧会で販売します。

12個入り1100円(税込)、こちらも抽選で、持ち帰り品になっています。

赤福

白い赤福の味は?感想

白い赤福を食べた人の感想

口に入れるとムースのような口当たり!

白い赤福の方がさっぱりした甘さ!

 

Twitterでは

 買えた人うらやましすぎる!
「白い赤福」紅白の赤福として、お伊勢さん菓子博だけじゃなく、お正月や春の卒業・入学の時期にも販売して欲しいな(*’▽’)
遠いから、簡単に買いにいけないけどね(^-^;