俳優の布施博さんが「爆報フライデー」に出演します!
 
布施博さんは1980年代から90年代にかけて、トレンディドラマなどに出演して人気の俳優さんでしたが、もう59歳なんですね。番組では、自身の母親の介護について、そして実の親と布施博さんの母親の介護の両方を支える現在の妻について紹介されるそうです。
 
布施博さんは、今の妻の前に女優の古村比呂さんと結婚して、離婚していますが、離婚理由は何だったんでしょうか?
 
Sponsored Link
 

布施博のプロフィール

 
布施 博(ふせひろし)
1958年7月10日生まれ59歳
東京都足立区出身
身長 182cm
血液型 B型
布施博さん、ちょっと老けた印象ですが、やっぱり芸能人ですから実年齢よりずっと若いです!
 
布施博さんは高校中退後の1981年、ミュージカル劇団「ミスタースリムカンパニー」に所属します。
1984年倉本聰さん脚本のドラマ「昨日、悲別で」の演技が注目され、以後数々のトレンディドラマに出演しました。
ドラマ
「君が嘘をついた」「ずっとあなたが好きだった」「スウィート・ホーム」など
バラエティ番組「伊東家の食卓」にも長女役のRIKACOさんの夫役で出演していましたね。
 
1994年、劇団「東京ロックンパラダイス」をプロデュース。
2014年には姉妹劇団「東京DASH!」を旗揚げ。
最近ではテレビよりも劇団の方で活動されていたのかもしれませんね。
 

布施博の結婚・離婚・再婚について

布施博さんは離婚歴があり、再婚しています。
 

結婚

 
1992年ドラマで共演した女優の古村比呂さんと結婚します。
 
 古村 比呂さんは、 北海道江別市出身。
1965年11月24日 生まれ52歳
身長 160 cm
 
1987年、朝ドラ「チョッちゃん」でヒロイン役を演じ、人気女優に。
その後も大河ドラマや2時間ドラマなど数々の作品に出演されています。
 
最近では、ドラマ「トットちゃん」で黒柳徹子さんの祖母役(チョッちゃんの母)を演じ、話題になりました。
古村比呂さん、52歳の現在も清楚で美しいです(*´ω`*)
 
子供は?

布施博さんと古村比呂さんとの間には3人の息子さんがいます。

1992年、長男

1993年、次男

1997年、三男

3人の子宝に恵まれましたが、二人は離婚してしまいます。

 

離婚の理由は?

布施博さんと古村比呂さんは2006年に別居し、2009年に離婚しています。

離婚の原因は布施博さんの浮気や酒癖、DVと週刊誌に報じられました。

 

1995年に布施さんの主宰する劇団員との不倫が発覚します。

女性セブンによると、その時古村比呂さんは

「布施博の軽率な行動に関して妻として力不足を痛切に感じております」

と、お詫びの文を書き、布施さんにマスコミの前で頭を下げさせ、その頃から二人の間はギクシャクしはじめたそうです。

 

自宅も売却し、2006年には別居し、古村比呂さんは布施博さんに離婚の話し合いを持ち掛けるのですが、なかなか応じてもらえないし、3人の子どもの養育費も払われていなかったそうです。

2008年には家庭裁判所に調停を申し立てますが、第一回目、布施博さんは欠席。3年の年月をかけて2009年にやっと離婚が成立します。3人の子どもの親権は古村比呂さんにあります。

 

布施博さん側からの離婚の理由としては、古村比呂さんの両親の介護があげられています。

古村比呂さんの父親が重症の糖尿病になり、それに付き添う母親も高齢のことから、心配した古村さんは、両親を自宅に連れてきて世話をしていたそうです。布施博さんにしてみれば、仕事から疲れて帰宅すると、義理の両親が自宅にいることで夫婦喧嘩になったとのこと。

 

布施博さん、ドラマでは優しそうな笑顔のいい人キャラを演じていましたが、ちょっとイメージ違いますね。

 

古村比呂さんは離婚後、2011年(46歳の時)に子宮頸がん検診で初期のがんが見つかり、手術しますが、術後の検査でがんの浸潤がわかり、子宮を全摘しています。

2017年3月、子宮全敵手術から5年後、検診で何もなければ完治でしたが、がんの再発がみつかりました。古村比呂さんは抗がん剤と放射線の辛い治療を経てがんを克服、ドラマ「トットちゃん」に出演できるくらい回復されたそうです。

闘病中、弱音を吐いていると、息子さんには「あっそ」「そんな日もあるよね」と軽くあしらわれたそうですが、逆にスーッと流してもらったことで力をもらっていたそうです。

古村比呂さんは再婚していませんが、懸命に育てた息子さん達が頼りになりそうですね。

テレビ番組に出演していましたが、3人とも外見はお父さん似かな?!

 

布施博の再婚

布施博さんは2012年4月に再婚します。

主宰する劇団を創立当初から支えていた14歳年下の女優・井上和子さん

井上和子さんは布施博さんが浮気をしていた女性だといわれています。

再婚してから、布施博さんと井上和子さんは「行列のできる法律相談所」に出演して、井上さんは3人の息子たちに対して手紙を読み上げました。
3人とも私の本当の子供ではないけれど、とても愛おしく、また頼もしいとも思っています。子供たちが、いつ泊まりに来てもいいようにと用意してる小さな部屋も、ほとんど使ったことはないけれど、もう少しこのままにしておきましょう
この手紙で、布施博さんは目を赤くし、スタジオの涙をさそったそうです。
 
 
放送後、古村比呂さんはこの手紙にとっても怒っていたと、週刊誌に報じられました。
 
3人の息子の写真を許可なく使われたこともひどいですが、布施博さんが、浮気相手の井上さんと夜遅くまで遊んでる時に、古村比呂さんは一人で子育てしていたので、今更「母子」みたいなことを言われてもと、思いますよね(;^_^A
 
布施博さんと井上和子さんの間にお子さんはいないそうです。
 
 
Sponsored Link
 

布施博が母親の介護

布施博さんは最近、テレビ番組に出演して、認知症を患う母親の介護をしていると明かしています。
 
2015年11月、長い間狭心症を患っていた母親がアルツハイマー型認知症と診断され、鍋を焦がしたり、薬を余分に飲んだりするようになったそうです。
 
現在の妻・井上和子さんの母親も脳出血による半身不随で介護が必要な状態で、井上さんは布施さんの母親と自身の親の両方を介護をしているそうです。
 
布施博さん、親の介護で随分苦労されています。
若い頃、尖っていたような布施博さんですが、今はだいぶ丸くなった印象です。
 
☆     ☆     ☆
 
4月2日、布施博さんが脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)であることが報じられました。
2、3年前から歩きずらかった布施博さんですが、最近では生活に支障がでる状況だったそうです。
歩くのもつらいのに、親の介護をしていたと思うと大変だっただろうなと思います。
 
脊柱管狭窄症とは
骨の間にある椎間板とじん帯が加齢など様々な原因で飛び出し、神経の道である脊柱管を圧迫。神経が圧迫されるため、脳からの指令がうまく下半身に伝わらない
 
治療法としてコルセットの着用、服薬、リハビリなどで改善することもあるそうですが、歩行障害が進行している場合は、手術を行う場合が多いそうです。
 
今はあせらず、治療に専念して、元気に復帰されることを願っています。
 
 
 
Sponsored Link