5月27日土曜日から映画「ママが日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」が公開されました。主演の台湾の女優さん、ジェン・マンシューさんが、超絶可愛いと話題になっています!!
 
ジェン・マンシューさんについて、調べてみました。
 
Sponsored Link
 

ジェン・マンシューのプロフィール

ジェンマンシュー

 
ジェン・マンシューさんは本名です。漢字で書くと簡嫚書
台湾出身
 
生年月日:1988年10月16日28歳
血型:O型
 
身長160cm 、体重:45㎏
ジェン・マンシューさんはスタイルを維持するために、食べ物、飲み物には気を遣っているそうです。体を冷やす冷たいものはあまり摂らないとのこと。
あと、ヨガもやってるそうです。ヨガやってる人って綺麗な人が多いかも!?
 
大学生の時にテレビドラマのオーディションに参加し、主役に抜擢されたのがデビューするきっかけになっています。
2010年に「あの日を乗り越えて」というドラマに出演
2016年には映画「菜鳥~Maverick」で台北映画祭の最優秀助演女優賞を受賞しています。
そして、
2017年5月日本映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」主役のリンちゃんを演じます。
 
 

映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」とは?

ママダメ

アニメやファッションなど日本文化が大好きな台湾のリンちゃんと日本人のモギさんが、東日本大震災の際、Facebookにて交流が始まり、やりとりするうちに徐々に恋愛感情に発展していきます。

 

Facebookで公開されて32万以上もの「いいね」がついた実話で本も出ています。

本はリンちゃん側とモギさん側の立場から書かれていて、すぐ読めて、読後感がイイ!2人の撮影した写真がおしゃれだと高評価。

 

この映画、恋愛映画なのにキスシーンもないというプラトニック仕様で、それがまたキュンキュンするそうです。

 

ジェンマンシュー

ジェンマンシュー

ジェンマンシューさんはフリーアナウンサーのカトパンに似ているといわれています。

確かに、似てますね♪

次に、ジェン・マンシューさんの可愛い画像と映画を見た人の感想をまとめました!

Sponsored Link

ジェン・マンシューの画像と映画の感想!

ジェンマンシュー

 

ジェンマンシュー

 

ママ日本行っちゃダメ言うけれど。」今日は簡嫚書ちゃん会えたし〜恋愛適齢期を過ぎた人見ても幸せいっぱいなる楽しい映画でした〜

 

日本人男子台湾女子の本当にあった恋の話なんだけど、凄くもどかしかった。ジェンマンシューさん演じるリンちゃん可愛すぎて心を掴まれました。。抱きしめたい!!

出典:twitter.com

 

 こんな、ゆるふわっとした恋愛映画もいいですね。
上映館が関東と関西しかなくて、めちゃめちゃ少ないのが残念(>_<)
ジェン・マンシューさん、日本のドラマにもでてくれないかな!?
 
 
 
Sponsored Link