高橋名人が5月28日放送の「しくじり先生」に出演します。高橋名人は実はゲームが下手だったとか、特技の16連射の秘密など語ってくれそうですが、当時のちびっこファンには、ちょっとショックな内容になりそうですね(^^;)
 
 
我が家もありました「高橋名人の冒険島」3430円です汗
 
でも、中身はどこかにいってしまって箱だけでした笑
 
懐かしい高橋名人とファミコン名人の現在をわかる範囲で調べてみます!
 
Sponsored Link
 

ファミコン名人とは?

ファミコン
 
任天堂のファミリーコンピュータ(ファミコン)の全盛期の時代には、たくさんのファミコン名人が登場しました。中でも知られていたのは高橋名人と毛利名人。
 
2人が人気者になった後、次々と名人が登場して、ゲーム好きの少年たちの憧れのまとでした。
 
名人のなかには、各ゲーム会社の社員が広報活動目的で名人にあてがわれ、ゲームが上手くなかった人もいたそうです汗
 
時代とともに、ゲームの主流がアクションゲームからドラクエなどのRPGやシュミレーションゲームにうつってきたことから、プレイ技術をみせる名人は需要がなくなっていったといわれています。
 

ファミコン名人の今は?

高橋名人

高橋名人

本名:高橋利幸

北海道札幌市出身、1959年5月23日生まれ58歳、血液型はO型

ハドソンの社員として働いていましたが、イベントでちびっこに人気が出たことから名人になります!

ゲームのコントローラーのボタンを1秒につき16連射できるという技や「ゲームは一日一時間」という言葉を流行させたり、自身がモデルになったゲーム「高橋名人の冒険島」が出来たり、漫画の主人公にもなるなど名人のなかでもナンバーワンの人気でした。

現在は、ハドソンを退社して、ゲッチャ・コミュニケーションズからMAGES.を経て、ドキドキグルーヴワークスの社長に就任しています。

高橋名人

私生活では52歳の時に14歳年下の女性と入籍していて、お幸せそうですね。

 

毛利名人

毛利名人本名:毛利公信

ハドソンのバイト社員でしたが、ファミコン名人として高橋名人の次に人気がありました。東京理科大学卒業。

すらっとした感じだったので、高橋名人とは正反対の理論派のキャラ設定だったといわれています。

後にファミ通編集部に在籍して連載を担当、現在はフリーランスとしてゲーム関連の仕事をしているそうです。

毛利名人だいぶ、印象かわりましたね(^^;)

 

橋本名人

橋本名人

本名:橋本真司

当時はバンダイの社員で営業として橋本名人として活動していました。メガネは伊達メガネだったそうです。キャラづくりですね。

バンダイを退社して、現在はスクエア・エニックス・ホールディングスの専務取締役になっています。

橋本名人

すっかり、おじさん(笑)になりましたね。橋本名人!スクエニの専務取締役なんて勝組ですね。

Sponsored Link

河野名人

本名:河野光、ナムコに所属していました。

退社後はアイマックスで活動しています。

 

服部名人

タイトーに所属していた名人

 

尾花名人

コナミに所属していた名人

 

辻名人

本名:辻良尚、テクモに所属していた名人

退社後は、UBIソフトの広報として活動しています。

 

菊池名人

本名:菊地博人、ジャレコに所属していた名人

退社してからもゲーム関係の宣伝広報として活動しています。

 

中本名人

本名中本博通、データイースト(現在は倒産しています)に所属していた名人

会社では企画室係長として大怪獣デブラスのプロデュースをつとめています。

 

菅野名人

カルチャーブレーンに所属していた名人

 

そののちファミコン4超人も登場します。

 

個人的にすごく印象的だったのが・・・

インドマン

インドマン

本名:多田野貴裕
ターバンにサングラスといういで立ちが印象に残っています。

インドマンは1990年~1997年にかけては、小我恋次郎(おが こいじろう)という名前でゲームライターとしても仕事していました。

インドマンが25分ころから登場するこのビデオ、何回もみましたwww「見えてうれしい・・・」とか当時ウケてましたね笑

 

 

まとめ

・1985年から1990年あたりに活躍した、ファミコン名人の方たちは宣伝のため社員の人がつとめている場合が多かった。

・ゲームは上手じゃない名人もいた。

・名人の皆さん、現在は50代のいいおじさまになっている。

 

当時、名人たちに騙されたのかもしれないけど、いい思い出です笑

Sponsored Link