個性派で今、人気のアーティスト「チャラン・ポ・ランタン」の姉・小春が「今夜くらべてみました」に出演します!

「チャラン・ポ・ランタン」は海外にもファンが多く、海外セレブにご指名で呼ばれたり、Twitterの創始者ジャック・ドーシー氏が「初めてフォローした日本人」として有名ですね。

テレビに出演する「チャラン・ポ・ランタン」小春さんについて調べてみました!

Sponsored Link

「チャラン・ポ・ランタン」とは?

2009年から活動している「歌とアコーディオンの姉妹ユニット」です。最初は上野公園などで大道芸人として演奏していて地道に活動していましたが、youtubeの動画で人気に火が付き、国内外で人気のアーティストになりました。

 
最近ではドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニング曲「進め、たまに逃げても」や宮崎あおいさん、広瀬すずさん、鈴木京香さん出演のearth music&ecologyのCMソング「夢ばっかり」が話題になっていましたね。
 
 
管理人はチャラン・ポ・ランタンを逃げ恥のオープニング曲から知ったのですが、独自の音楽性やMVをみてファンになりました!
 

「チャラン・ポ・ランタン」小春の本名や年齢は?

 チャラン・ポ・ランタン
 
右側が姉の小春さん、本名は松永小春(まつながこはる)、1988年11月21日生まれ28歳です。
アコーディオンと作詞・作曲を担当しています。
 
小春さんがアコーディオンを習い始めたのは小学校の時から、アコーディオン歴は20年にもなるそうです。アコーディオンを習うことも珍しいのですが、習い始めたきっかけもユニークです。
 
当時コミュ障だった小春さんは、アコーディオンを演奏してお金を空き缶に入れてもらう「大道芸人」という仕事をすれば人と接しなくて済むと考え猛練習したのだそうです。
 
そんな小春さんですが、17歳の時に転機があって、「ヘブンアーティスト」という大道芸人のライセンスを取得したこと。ライセンスを取ると上野公園などで演奏できるようになり、プロ意識が芽生え、変わっていき、今では新宿のシャンソンバーで日替わりのママをつとめるほどしゃべるようになったとのこと。
 
チャラン・ポ・ランタン、小春
 
 
まず、小学生の習い事でなかなか「アコーディオン」は選ばないです。そして、「大道芸人」を目指す理由も小春さんらしい(笑)
小春さんのトークは爆弾発言も多くておもしろいです。トークの時、ももさんが小春さんの暴走を抑止しているのも微笑ましいんです。
 
左側は妹のももさん、本名は松永 もも、1993年4月9日小春さんより5歳年下の23歳で ボーカル・一部作詞・作曲を担当しています。
小春さんのアコーディオンの演奏もすごいのですが、ももさんのボーカルもコブシがきいていて、マイク離して歌っても大丈夫な、声量がハンパなくてすごいです!
 
姉妹も仲良しですが、お母さんも協力者で仲がいいみたいです。二人の衣装はお母さんの手作り。ももさんが緊張防止にもっている「ブタ」のぬいぐるみも手作りだそうです。
お母さんもすごい技術・芸術家ですね。この「ブタ」のぬいぐるみ、かわいい(*’ω’*)
もし、売ってたら、買いたいくらい欲しい!!
 

チャランポ・小春が「今夜くらべてみました」に出演!番組のみどころは?

Sponsored Link
 
ある共通点を持ったゲスト3名を、あらゆる角度から大比較!
タメになる情報は全く無いが、
今すぐみんなで共有したい話題がどっさり!
業界騒然の徹底リサーチでおせっかいな程に比べていく、爆笑必至のトークバラエティーです。
 
番組ではチャラン・ポ・ランタンの小春さんは高田万由子さん、森星さんと「トリオTHEバイリンガルな女」というテーマでトークを披露されます。
 
高田万由子さん、森星さんも個性的ですが、負けないくらい個性的な小春さんのトーク、必見ですね!